掲示板

  1. JINEI のコメント:

    お仏壇のはせがわの会長がご出演
     
    お薦めテレビ番組のご案内です。
     
         番組名:カンブリア宮殿
          HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/
        タイトル:仏壇も、墓を売るのも、日本一
             業界唯一の上場企業
         ゲスト:はせがわ会長 長谷川裕一
     インタビュアー:村上龍、小池栄子
       チャンネル:BSジャパン BSデジタル(171)
         放送日:2月19日(日曜日)
        放送時間:20時00分~20時54分
     
     ------------------------
     
    番組概要
     
    仏壇業界唯一の上場企業であり、しあわせ少女の「なーむー」の
    CMで有名な「はせがわ」会長が登場。
     
    時代を捉え続ける変革力と、ぶれない商いへの信念が勝利を生む!
     
     ------------------------
     
    番組内容
     
    かつて、死者450人の大惨事の現場に飛び込み、「遺族に仏壇の
    必要性を説いて回った」という信念の男、長谷川裕一は、不可能と
    いわれた仏壇店のチェーン化と工業化を達成。
     
    それまで仏壇作りの独壇場だった本場、京都に挑み、国宝修復の
    仕事を請け負うまでに会社を成長させた。
     
    激変のこの時代に増収増益を達成する、驚きの経営論を聞く。
     
     ------------------------
     
    お仏壇のはせがわグループの(株)はせがわ美術工芸は、西本願寺
    御影堂の平成大修復や、大谷本廟の総塗替えを施工さた会社です。
     
    どうぞ、お時間がございましたら、ご覧くださいませ。
     

  2. JINEI のコメント:

    池口龍法師がご出演
     
    お薦めテレビ番組のご案内です。
     
        番組名:羽田美智子の京都専科
         HP:http://www.bs11.jp/education/1487/
       タイトル:仏教の未来に挑戦する僧侶たち
     ナビゲーター:羽田美智子
         語り:ジェフ・バーグランド
      チャンネル:BS11
        放送日:2月14日(火曜日)
       放送時間:20時00分~20時25分
     
     ------------------------
     
    「仏教の未来に挑戦する僧侶たち」(2月14日放送)
     
    浄土宗の僧侶、池口龍法さん。
     
    仏教と縁遠くなってしまった現代の人々に、「生きた仏教と関わる事が出来る機会を広げたい」と様々な活動を始めた。
     
    中でも、力を注いでいるのが、編集者として仏教に関するフリーペーパーの発行。
     
    斬新な表紙とネーミングで、カフェやお店に置かれた小冊子は、様々なメディアに話題として取り上げられている。
     
    本来、仏の教えは、「現在を生きる人間にとって、いかに生きていくか」という人生の道しるべ。
     
    暮らしの中にあり続けてきた仏教を、現代に伝えようとする若き僧侶の挑戦を取材する。
     
     ------------------------
     
    どうぞ、お時間がございましたら、ご覧くださいませ。
     

  3. JINEI のコメント:

    谷川理宣師がご出演
     
    2月26日(日曜日)に放送される「NHK こころの時代(宗教・人生)」に、圓照寺ご住職の谷川理宣師(たにがわ りせん)師がご出演されます。
     
    圓照寺は、佐賀県武雄市にある浄土真宗本願寺派(お西)のお寺です。
     
    今回の放送で谷川理宣師は、「いのちの大地の上で」をテーマにお話しされます。
     
       番組名:NHK こころの時代(宗教・人生)
      タイトル:いのちの大地の上で
      番組HP:http://www.nhk.or.jp/program/kokoro/
       放送日:2月26日(日曜日)
      放送時間:午前5:00~午前6:00(60分)
     チャンネル:教育テレビ(Eテレ)
     
       再放送:3月3日(土曜日)
      放送時間:午後1:00~午後2:00(60分)
     チャンネル:デジタル教育(Eテレ)
     
    みなさん、どうぞ、お見逃しなく。
     
    ・谷川理宣師のプロフィール
    1941年 佐賀県武雄市に生まれる
          佐賀大学文理学部(経済学専修)卒業
          龍谷大学大学院博士課程修了(仏教学)
          京都大学人文科学研究所中国中世思想史研究班で
          福永光司教授に漢文仏典の読み方について教えを受ける
    1977年 帰郷、九州龍谷短期大学で教職に就く
    1996年 九州龍谷短期大学仏教科教授を最後に退職
       現在 浄土真宗本願寺派円照寺住職(佐賀教区武雄組)
          九州龍谷短期大学非常勤講師
          九州龍谷短期大学仏教文化研究所研究員
     
    ・谷川理宣師の著書
      いのちの大地に樹つ 現代真宗入門講座(法蔵館)
      歎異抄事典 新装版(柏書房)など

  4. JINEI のコメント:

    了慶寺「聞の座へ」の英語版公開

    2012年(平成24年)の2月に、探究社より発売の「新刊:聞
    の座へ」の「英語版の公開」についてのご案内です。

      ・聞の座へ(英語版)
       = http://ryokeiji.net/english/dharma_hearing_3.pdf

    (画面が表示されない場合は、お手数ですが、URLをブラウザの
     アドレス欄にコピー&ペーストしてアクセスしてください)

    この「聞の座へ(英語版)」は、本書の「聞の座へ」を再編集され
    英語に翻訳されたもので、無料で、広く誰でも読めるようになって
    います。

    どうぞ、この「聞の座へ(英語版)」を、英語圏のご友人や、日本
    学ぶ留学生の方々などへお勧めくださいませ。

    ┏━━━━━ 新刊「聞の座へ」の英語版のご案内 ━━━━━┓

    著者の藤枝宏壽師のご自坊、真宗出雲路派 八王子山 了慶寺では、
    毎月、寺の門前の掲示板に法語を掲載されています。

    ですが、了慶寺が山際の奥まったところに立地するため、当然、人
    通りも少なく、掲示板の掲示法語をご覧になる方は僅かです。

    そこで、藤枝師は、有縁の方々へ、この掲示法語と、その味わいを
    ハガキに印刷して、毎月1日に届くよう発送されたのです。

    当初、この「ハガキ法語」は、寝たきりの方や、老人ホーム入所者
    などへの「お見舞い状」との感覚だったそうです。

    ところが、そんな藤枝師の思惑とは裏腹に、この「ハガキ法語」が
    思いの外、皆さんに喜ばれたそうです。

      ・うちの母は、毎日そのハガキを
       取り出しては繰り返し読んでいました

      ・爺ちゃんは、毎月1日になると、
       郵便がくるのを待ちきれない様子でした

    この「ハガキ法語」を愛読されていた方が亡くなられ、通夜や、葬
    儀、法事の席などで、ご家族の方から藤枝師へ、そんな嬉しい声も
    たくさん寄せられたそうです。

    そんな反響が機縁となって、だんだんこの「ハガキ法語」の輪が広
    がり、現在では、了慶寺のご門徒以外の方々へも届けられているそ
    うです。

    2006年(平成18年)に、永田文昌堂より出版された藤枝師の
    著書『仏法のしずく』は、これまでの「ハガキ法語」の選集です。
      ・仏法のしずく = http://goo.gl/OIiqz

    この『仏法のしずく』は、10年来の「ハガキ法語」の中から48
    編を一冊に選びまとめ、出版されたものです。

    因みに、この「ハガキ法語」は、英語にも翻訳され、藤枝師は、ア
    メリカなど、英語圏の友人へも送っておられるそうです。

    英語圏の友人の殆どが信仰の違う方ばかりで、それでも「感銘を受
    けた」とか「これはどういう意味なのか?」など、英語版の「ハガ
    キ法語」では、日本人以上に反応が帰ってくるとのことです。

    そして、英語に翻訳されて永田文昌堂より出版されたのが、
    『Dewdrops of Dharma』で、先ほどの『仏法のしずく』の英語版に
    なります。
      ・Dewdrops of Dharma = http://goo.gl/kGVV3

    そして、今年、2012年(平成24年)の2月に、藤枝師は、
    2006年(平成18年)からの6年分、合計72編の「ハガキ法
    語」の中から48編を一冊に選びまとめ、探究社より「聞の座へ」
    を出版されます。
      ・聞の座へ = http://goo.gl/VCIfo

    今回、この「聞の座へ」の英語版については、紙媒体での出版では
    なく、無料で、広く誰でも読める「PDF ファイル形式」にて公開さ
    れました。

    きっと、「聞の座へ」を読んでいただければ、浄土真宗にご縁のな
    かった人も、聞法の座へと足を運ばれ、深くお聴聞する機縁となる
    ことでしょう。

    どうぞ、英語圏のご友人などへ、この「聞の座へ」の英語版お勧め
    くださいませ。

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    ┏━━━━━━━━ 藤枝 宏壽 師のご案内 ━━━━━━━━┓

    真宗出雲路派 八王子山 了慶寺 = http://ryokeiji.net/

    藤枝宏壽師の経歴
      昭和 8年 越前市(元武生市)生れ
      昭和32年 京都大学文学部(英文科)卒業
      平成16年 仏教大学仏教学修士課程修了
            福井医科大学名誉教授
            現代に真宗の勤式を考える会代表
            仏の子を育てる会代表

    藤枝宏壽師の著書
      平成24年 聞の座へ(探求社)
      平成23年 聞法は光(了慶寺扱い)
      平成22年 いのちの感動 正信偈 (永田文昌堂)
      平成21年 正信偈 真宗偈頌 訓読(永田文昌堂)
      平成21年 正信偈 真宗偈頌 訓読 CD(すねいる社)
      平成21年 聞法へのしおり(聞法をすすめる会)
      平成20年 命を見つめる紙芝居 3巻 4巻(永田文昌堂)
      平成20年 王子日曜学校四十年の歩み(王子日曜学校)
      平成20年 Buddhist Picture Stories DVD(永田文昌堂)
      平成19年 本三部経 音読 CD(すねいる社)
      平成19年 浄土三部経(抄)訓読 CD(すねいる社)
      平成18年 念仏旅随行記 復刊(永田文昌堂)
      平成18年 仏法のしずく(永田文昌堂)
      平成18年 Dewdrops of Dharma(永田文昌堂)
      平成17年 百八法句の味わい その一(永田文昌堂)
      平成17年 ぐんもうのめざめ<群萌へ>(法蔵館)
      平成14年 ほとけのこ いきいきカルタ(永田文昌堂)
      平成14年 ためになる ことわざカルタ(永田文昌堂)
                             など多数

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  5. JINEI のコメント:

    花嫁の仏壇参り
     
        番組名:ぐるっとアジア幸せめぐり!“伝統婚礼のいま”
      チャンネル:福井テレビ
        放送日:2012年1月28日(土)
       放送時間:12時55分~14時20分
     
     ------------------------
     
    番組内容
     
    韓国&中国の結婚式に密着、昭和の花嫁行列に仏壇参り。
     
    日本、中国、韓国ともに結婚式のスタイルが多様化する中、いまも残る伝統婚礼にスポットをあて、各国のリポーターが伝えます。
     
    福井テレビからは、副島優子アナウンサーが韓国の春川を訪れ、韓国の伝統婚礼を体験したり、結婚目前のカップルに密着し、韓国ならではの結婚文化に触れます。
     
    また、福井を取材したのは中国の杭州テレビ取材班。
     
    福井ならではの“花嫁の仏壇参り”や、越前市のタンス町でおこなわれた“花嫁行列”などを通して、今も残る結婚文化を紹介しています。

  6. JINEI のコメント:

    飛騨古川の三寺まいり
     
        番組名:金とく「ろうそくの夜~飛騨古川三寺まいり~」
      チャンネル:総合
        放送日:2012年2月3日(金)
       放送時間:午後8:00~午後8:45(45分)
     
     ------------------------
     
    番組内容
     
    岐阜県飛騨古川で300年以上続く伝統行事、三寺まいり。
     
    一千本以上のろうそくが灯される特別な夜を、バイオリニストの古澤巌さんと女優の緒川たまきさんが訪ねました。
     
     ------------------------
     
    番組詳細
     
    岐阜県飛騨市古川町に、300年以上続く伝統行事、三寺まいりがあります。
     
    1月15日の夜、町には1000本以上のろうそくが灯され、そのあかりの中、住民達は三つの寺をまわります。
     
    この行事に欠かせない巨大ろうそくづくりが始まる秋から、雪に染まる初冬、そして幽玄なろうそくのあかりに包まれる行事までの2ヶ月を、バイオリニストの古澤巌さんと女優の緒川たまきさんが見つめました。
     
     ------------------------
     
    飛騨の古川町では、300年以上も前から、1月13日から16日までの期間、真宗寺、円光寺、本光寺の報恩講が同時に勤まります。
     
    ことに1月15日の夜の法座は、「大逮夜(親鸞さまのご往生を看取る夜)」といって、ご門徒の人たちが三つの寺を順に参詣します。
     
    参詣の最後は、自分のお手次ぎのお寺で、一同にお正信偈を勤め、ゆったりとした気分でご法話をお聴聞するのです。
     
    寺のほうでも、一段と美しく尊前を荘厳し、ご門徒方の寄進による「大ろうそく(2貫~3貫)」を数10本ともして迎えるのです。
     
    そして、この夜は、若者たちの数少ない出会いの場でもあったのです。
     
    大ろうそくこそありませんでしたが、昭和30年代ごろまでは、土地によって多少の違いはあっても、報恩講の大逮夜はこのようであったそうです。
     
    皆さん、ぜひ、ご覧ください。

  7. 吉元 のコメント:

    初めてのメールです。小生、木更津市の證誠寺門徒、吉元稔(65歳)と申します。突然ですが、父親の実家は鹿児島県日置市の明信寺の門徒であり、伯父から父が譲り受けた賞雅哲然翁著「輝くいのち」他2冊の本を私が遺品として保有しております。
    報恩講なるもの未だに一度しか経験がありませんが、来る11月20日の法要には是非参加したく、そして、両親とゆかりのある方の法話を聞かせて戴こうと思っています。
    既に亡くなりましたが、伯父は、日置1677番地、吉元一男、父は忠男です。

    • senpuku のコメント:

      コメント有難うございました。
      ご投稿をこちらの掲示板に移動させて頂きました。
      鹿児島の兄に問い合わせたところ、ご実家は麓地区でいらっしゃるようですね。私の母校、日置小学校のすぐ下。武家屋敷跡のあるところですよね。ひょっとするとご先祖は武士?
      来月の証誠寺さまでお会いできることを楽しみにしております。

  8. JINEI のコメント:

    山折哲雄さんがご出演
     
     番組タイトル:週刊ブックレビュー
      チャンネル:BSプレミアム
        放送日:2011年9月3日(土曜日)
       放送時間:午前6:30~午前7:25(55分)
     
     ------------------------
     
    番組内容
     
    「おすすめの一冊」は、東直子さん、大森望さん、小林エリカさんが推薦本を紹介されます。
     
    「特集」は、山折哲雄さんに「絆 いま、生きるあなたへ」についてうかがいます。
     
     ------------------------
     
    番組詳細
     
    日本を代表する宗教学者・山折哲雄さんをお招きし、近著「絆 いま、生きるあなたへ」を中心にお話しを伺います。
     
    甚大な被害をもたらした東日本大震災。「なぜあの人が亡くなって、私はなぜ生きているのか」今、誰しもが、生きるとは、死ぬとはどういうことかに直面し、心が揺れています。
     
    1000年前に京都を襲った震災について綴られた鴨長明の「方丈記」、鎌倉大地震を契機に書かれた日蓮の「立正安国論」を入り口に、山折哲雄さんが悲しみを抱えたまま生きてきた人々の心について語ります。
     
    ぜひご覧ください。

コメントを残す