日別アーカイブ: 2006 年 3 月 8 日

急逝

本日葬儀。くも膜下出血で倒れられた54歳のご婦人。納骨法要の短い法話。せめてものこと、喪主のご主人と通夜・葬儀のあいだ、いろいろとまめに動いてくれていた息子さんに語りかけるつもりで法話させてもらった。
 心のどこかに、またお母さんと会える世界があるという、願望をお持ちだろうと思うが、その願望が期待に終わるのではなく、確信になるまで、どうぞお母様の死をむだにすることのないよう、聞法していただきたいと。

鹿児島で住職を勤める従兄弟が、以前こんなことをいっていたことを思い出した。
「人を救うのは無論俺たちじゃなく、阿弥陀様ではあるが、仏法の縁のなかった人の葬式は導師していてもつらいな。住職として何も働きかけてあげられなかった自分のふがいなさを思うと、この七条袈裟を貸してあげるから、代わりに誰か導師してくれといいたくなる」と。

せめてこんな形で急逝されたあなたの死を、私を含め、残された御遺族が無駄にすることのないよう。 

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする