日別アーカイブ: 2006 年 3 月 9 日

ジャズライブ

今日は日中の殆どをパソコンの前で過ごした。何度も書いたが「寺報 はらから」
(お寺の新聞)を仕上げるためである。結局終わらないまま、明朝東京は築地本願寺へ発たねばならない。ノートパソコン持参で行くから東京で仕上げるか、と言い訳しながら、きっと東京では布教の合間は、あちらへ、こちらへとフラフラ歩きまわる、飲みまわるのがせきの山だろうとは思いつつ・・・・・。

高校の同窓会の掲示板に、同級生のお姉さまの書き込みがあった。その同級生は25歳でその人生を終えてゆかれたという。同じクラスではなかったゆえ、言葉を交わした記憶はないが、アルバムを繰っていたら彼の顔が蘇ってきた。

高校入学以来、来年で40年になることをあらためて知り、思わずえーっとのけぞってしまった。その姉上の書き込みであらためて自分の生きてきた、生かされてきた歴史を思った。そうだよなー、三男坊がもう高校卒業してゆくんだもんなと訳のわからん納得の仕方を自分に強いた。

彼のことを我々に知らせてくださった姉上のことも思った。思い出してくれる人がいる、忘れることなく思いつづけていてくれる存在がある。無条件にありがたいと思った。

夜、白井ハウスのライブを聞きにいった。福井出身の名ピアニスト高浜和英氏と彼のトリオ。そしてヴォーカルはベテラン上野尊子(たかこ)氏。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4781/page2.html
明日は早い。もう寝ます。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする