またやってしまった

昨日の花祭り・初参式の話題をブログにアップしたつもりが、今日になって見てみたら書き込まれていなかった。書いたのが夜中のことで、寝ぼけ頭ゆえ、プレビューボタンクリックだけで書き込んだつもりになっていたらしい。

ところで、昨日の話題をひきづって・・・・・

手元に本がないので正確ではないが、以前読んだ(岩波新書)本で、浄土真宗の根づいた地方では、かつては間引きが行われなかったという。如来様からお預かりしたこのいのち、親の都合で間引きすることなど許されないという、すごい倫理観があった。

そういえば真宗の御法義地にはこけし人形の産地はないともいう。
「こけし=子消し」
こけし人形は、間引きした子供への償いとして作られ奉納されたものだという説を聞いたことがある。
念の為、ネットで調べてみた。
http://homepage3.nifty.com/bokujin/koq&a.htm

あるいは
http://www.usaburo.com/nQ&A.htm

http://why.mods.jp/contents/word.htm#3

http://tisen.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_111c.html

まだまだあった。「こけし」は「子消し」を語源とする説とそれを否定する説。
初参式のことから、話がコケシの語源にまで飛んでしまった。
昔読んだ「神の汚れた手」曽野綾子著を思い出した。浄土真宗の法義地域にコケシの産地がないことと、子消し語源説とは偶然の一致なのか、真宗関係者の我田引水なのか。

読者の方のご意見を聞いてみたい。

ご門徒のNさんからお父上の逝去のお知らせ。Nさんのお父さんはお元気な頃は、本当によくお聴聞の席につらなり、お念仏を喜ばれた方。昨年の報恩講廻りのおりには、お仏間へも出られる状態ではなく、お勤めの後居室へ伺ったら本当に喜んでくださった。臨終勤行に寄せてもらい、ご遺体の顔を覆う白布をとってお顔に触れ、今生のお別れをした。大好きなおじいさんでした。長いこと私をお育て下さって有難うこざいました。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す