リサイクル

本当に久しぶりの完全休日。
昨年の予期せぬ早めの大雪で、冬支度をする前にどかっと積もってしまった。
本堂の屋根から落ちて積もった山のような雪のしたで冬を越し、春を迎えた植木鉢の草花・植木たち。

けなげにも新芽を出しぐんぐん育っている。擬宝珠(ぎぼし)、紫蘭、紫陽花、えびね、春蘭。傷んで割れてしまったり、雪の重さで変形してしまった鉢を整理したり、植え替えたりで半日過ごす。
本当に不思議な感覚なのだが、芽吹く草花に触れていると、あきらかにこちらが元気をもらっていることが実感できる。

午後はたまりにたまったダンボールを市のクリーンセンター(ゴミ焼却場)へ坊守と運ぶ。

車から出すとき、職員さんがこんだけの量、積むのも大変だったでしょうというくらい、半端じゃなかった。なんせ愛車ビッグホーンのリヤシートをたたんで天上まで一杯。ルームミラーじゃ後方が見えない。

ダンボールは焼却ではなく、リサイクルへまわされるが、ゴミの焼却によって生じた熱で、施設内の冷暖房、給湯、融雪のほか温水プールの温水を供しているという。

一月以上ご無沙汰している、温水プールのお湯もここから引いている。というわけでプール通いを復活させようかという気持ちがムクムクと湧いてきた。

写真は昨晩(正確には今朝)、午前2時までかかって印刷した婦人会と梯先生の法座案内の葉書を中央郵便局に投函しにいったとき撮ったもの。福井市桜通りの桜。
車が来ない深夜?早朝?だから取れる写真。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す