- 〜千福寺〜りんどうホール〜 - http://senpukuji.net -

音声(おんじょう)

10時から門徒会館での葬儀に出仕。導師は東別院の副輪番様。随行してこられた若い僧侶の声が実に清清しい。先日東西対抗の(福井県の西本願寺と東本願寺の僧侶による)ボーリング大会で一緒だった方だった。決して大声ではないが、澄んだ声が遠くまで届く。葬儀のあと彼にそう伝えると、ひどく恐縮していた。
安楽・住蓮の声明(しょうみょう)もかくのごときものだったかとまでは言わなかったが。

音楽をする人はよく話題にする事だが、どんな楽器奏者も音が遠くまで届くように楽器を鳴らせるようになることを目指す。不思議な事だが、大きな音が遠くまで届くとは限らない。近鳴りというか、近くではうるさいほどなのに少し離れると意外なほど響いてこない場合がある。ピアノでも弦楽器でも管楽器でも同じ事がいえるらしい。そしてドラムも。
声にもそれがいえるのだろう。
(ただし、最初から音を電気信号に変えてを発生する電気楽器にはこれはあてはまらない)

掲示板に心温まる投稿をお二人のゲストからいただいた。まだ返信を書いていないが、掲示板にも是非目をお通しいただきたい。