日別アーカイブ: 2006 年 6 月 23 日

東京その3

やはりね、実力はいかんともしがたい。チームキャプテンとして多分最後のWCになるであろうと覚悟して臨んだ中田選手が試合後グランドに倒れこみ、空を見上げている、ときにタオルで顔を覆いながら。彼の胸を去来するものは何だったのか?

などと思いながら二度寝。朝食ぎりぎりの時間まで部屋でゆっくりし、軽くコーヒーとパンの朝食をすませ、文京区のI家へ。I家は先代が戦前福井から上京されこの地で医療器具の販売を始められた。数年前に今のご当主が、借地だったビルの地面を地主さんから買い取り、文字どおり東京のどまんなかで自分の土地を得られた。ここまで来るのに先代との2代がかりの苦労が実ったわけである。
I家も毎年歓待してくださり、奥様手作りの昼食をご馳走になった。

次は杉並区のS家。福井は今庄出身。関東にお住まいの二人の伯父上もお参りに着ておられた。心配なことだが、今の当主のS・K氏は体調を崩しておられ、休職中。長いキャリアの写真のマニア。写真の話になるといろんな話が尽きない。昨年買ったニコンの一眼レフデジタルカメラについて、レンズのアドバイスをもらう。
といっても本人は銀鉛フィルム一本やり。新宿のヨドバシカメラに来年是非一緒に行こうと誘ってくださる。

次は板橋のK様宅。池袋から東武線。予定より送れているので電話するも連絡がつかない。(結果は、携帯への自分の登録ミス)駅から歩いて15分、汗をかきかき到着し、遅れを詫びる。亡くなられたご主人は福井市で開業医。医院を人にまかせ息子さんのおられる東京へ。ご子息は医大で教鞭をとられるお医者さん。
お勤めのあと、車で池袋の駅まで送っていただきホテルへ帰る。
夜は大学の友人が集まってくれてTBS近くのレストランで会食。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする