通夜

午後2時半、毎月訪れている老人ホーム「A苑」にて定例法話。
話の大筋は、賢いということ(智者)と愚かということ(愚者)。拙寺の先日の永代経法要で講師のK師が語られた「卵の幸せって一体なんでしょうね?」ということを引用しながら話を進める。

「卵の幸せって一体なんでしょうね?」これだけ聞いても何のこっちゃ?としか言いようがないが、実に考えさせられたありがたい話だった。卵は何のために卵に生まれてきたか?それは卵の殻を割って雛鳥となり、親鳥になるためだったはず。
私達も人間にとどまるのではなく、人間を超えて仏様になるべくしてこのいのちを賜ったのであるというお話。

夜6時より会館にてA家の通夜。式壇の飾りは決して大きくはないが、コンパクトによくまとめられたいい荘厳に仕上がっている。

通夜のあと、家族おそろいの写真をとって差し上げる。

明朝から、西別院で暁天講座。早起きせねばならない。というわけで早めに床につく。
そういえば永代経講師の鹿児島の加藤師のお寺は、川内川に沿ってあり、今度の雨の被害を心配したが、回りの田んぼは水に浸かったがお寺は大丈夫だった由。ただ川内川上流の宮之城あたりのお寺と門徒さんが壊滅的な被害を受けられたと沈痛な声で受話器の向こうで語ってくれた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す