月別アーカイブ: 2006年8月

布教使研修会その2

午前中、引き続き富山別院にて研修。全く獲るところがなかった。散会後、一人本堂にお参りする。富山別院の沿革が数枚の絵と説明文で掲げてあった。
明治の初め、全国を吹き荒れた廃仏毀釈の弾圧の中で、富山はことにその影響をもろに受け、打ちこわしの憂き目にあった寺院は相当数にのぼった。別院もその被害を受けたが、その後再建されたという。

富山は仏教学・真宗学の泰斗が昔から輩出されたところ。本堂にも梅原真隆氏・そして自分も最晩年の講義を受けた桐渓順忍和上の額もある。○○運動の人たちの中にはこうした学問に一生を捧げ後進の育成に尽力くださった和上方に対する敬意どころか、あたかも浄土真宗を駄目にした張本人のような言い方をする人がいる。

もうそれだけで自分はこうした運動に対する拒否反応を起こしてしまう。
夜、子供たちに手伝ってもらい、ジャズコンサートの会場準備。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

布教使研修会

富山別院にて、第二ブロック布教使研修会に出席。かつての呼び方でいうなら、東海・北陸ブロックと呼ばれるべきところが、第二ブロックとなった。

一昨年、同じ研修会(岐阜教区担当)の場で、講師のS氏の発言が基幹運動にさおさす、いや反するものであったと問題にされ、現在もその問題をひきづっている。
昨年、名古屋別院での研修はまだその問題をひきづってはいるものの、研修会そのものは、充実したものだったと思ったのが、今年ははっきりいって失望した。

夜。懇親会のあと、会場で隣に座り合わせた高岡教区のT氏と二人、ジャズクラブへ。この店のオーナーは福井出身のジャズギタリスト。一昨年の福井豪雨災害復興支援の拙寺のコンサートにも出演していただいた。同席したT氏が、地元の自分たちも知らなかったいいお店を教えていただいてよかったと感激の面持ち。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

歯医者

3月に受けた歯のインプラントのその後の経過を見てもらいに歯医者に行く。少しきつくしかられた。もっと早く来てもらわないと、あくまでも現在は仮歯なのだから、次のステップ、すなわち本歯への移行がスムーズに行かないと。
結局、もう一本インプラントを植えることになった。来週の予約をして帰る。

帰宅後、「お説教とジャズ」の会場の準備などぼちぼち始める。コンサートを無料に変更したが、どれくらいの反応があるか、心配ではある。
夜、S氏から頼まれていた先週土曜日の「寅さん」の録画をDVDにダビング。結局、全部見てしまった。
面白いことに気づいた。御前様が寅さんに結婚の相談を受けた後で、「南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏」とお念仏していた。御前様役の笠智衆氏は熊本の本願寺派の寺院の生まれであることは知られているが、寅さんの撮影現場である帝釈天は日蓮宗の寺である。笠智衆氏のせめてもの抵抗?だろうかと勝手に想像した。
ただ、山田監督はじめ、映画製作に携わる関係者の宗教感覚はそんなことにこだわる必要がないと思っているていどのものでしかないのだろうか、などど複雑な思いにかられてしまった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%E6%99%BA%E8%A1%86

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

夏休みの「日記マトメ書き」最終講

朝9時を待ちかねてインターネット福井カスタマーセンターへ電話。状況を話すと落ち着いて受け答えしてくれる。この事態の原因とその結果については、夏休みの「日記マトメ書き」その1に書いたので繰り返す事はやめるが、カスタマーセンターへ早く電話して置けばよかったとの後悔は、空言戯言日記のマトメ書きしなければならないなというこれからの仕事の増加とあいまって、ちょっぴり気が重くなった。

午後、西別院にて、社推協の研修会。社推協の意味お分かりだろうか。
正確には社会福祉推進協議会。永いネーミーングゆえ、略さざるを得ないのか、しかしこれでは、一般の方には全くちんぷんかんぷんだろうな。
老人保健施設からウラ若い?二名の女性ケア・マネージャーがパソコンとビデオプロジェクターを駆使しての講義に、やるもんだ!と心の中で拍手。介護保険改正の問題点など。よりよい方向に向かうなら、改正、修正という言葉は使えるのだろうが、介護保険は果たして改正なのかどうか。
そういえば、憲法改正と主張する党と、改悪反対を主張する党があるなと頭をよぎった。
現政権の弱者切捨ての施政は、患者の負担を確実に増した。

夜、6時より、同じく別院で福井組の拡大運営委員会に出席。アイデアなり、意見をといわれるので、以下のようなことを具申した。

1、2007年問題をにらみ、団塊の世代の退職後の受け皿として、連続仏教講座的なものを考えてみては。
2、キッズサンガ構想への取り組み。
3、葬儀に自分達も参加しているという意識をもってもらうために、葬儀の正信偈を僧侶だけでなく参列者も声に出して唱和するという習慣を確立できないだろうか

などなど。

会合終了後、先輩僧侶と久し振りに一献。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

夏休みの「日記マトメ書き」その4

朝8時半より「第三期真宗講座」(6回目)。お勤めの練習と真宗の基礎講座の真宗講座。残暑とはいえ、この時間だと本堂は比較的しのぎやすい。そういえば、朝晩は少しづつではあっても、確実に秋を感じさせる風が。

今期はご夫婦での受講が多かったが、本日のご夫婦は3組。毎回繰り返し練習するのがお焼香。そして、お勤めの本や、念珠・門徒式章などを畳や床の上に置かないように気をつけましょうと注意を喚起する。

実際、門徒さん宅にお参りに行っても、結構おられるんだ、畳の上に念珠や聖典を置きっ放しにして平気な人が。

大切なものは床や畳の上(我々が歩き回るような場所)にはおかないという麗しい躾が失われつつあるのだろうか、それに輪をかけて仏様を大切に思っていないということの裏返しか。

終わって茶話会。自分はM家の3回忌法要へ。奥様を送られ現在一人住まいのMさん。勿論、子供さんはおられるし、大阪とまた福井市内に住む息子さんのご家族も参列しておられた。耳が遠いほかはどこも悪いところはありませんと、Mさんは気丈夫に振舞ってはおられた。

午後T家満中陰。
夜、2週連続で見逃した、「功名ヶ辻」を見る。番組の最後に聚楽第を移築したと伝えられる本願寺の「飛雲閣」が出ていた。高校の同級生で歴史に関しては圧倒的な知識をもつ友人が、飛雲閣を姫路城をバックにCG処理したものだったと教えてくれた。
※この時点でもインターネットは通じていない

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする