日別アーカイブ: 2006 年 8 月 21 日

葬儀

10時より門徒会館の葬儀に出仕。故人は繊維関係の会社の会長さん。福井トヨペットの社長さんが葬儀委員長。故人との出会いから、ライオンズでの奉仕活動の思い出や、病気が出られてからの闘病のこと、またご家族の看病のことなど思いを込めた弔辞を読まれた。
なんと言ってもありがたかったのは、弔辞の結びに、「○○さん、どうぞお浄土から私どもをお見守りください」と結ばれた事。天国や草葉の陰などという、仏式の葬儀であるにもかかわらず、仏教徒に相応しくない表現が多く語られる弔辞で、「お浄土」という言葉で故人を送られた有り難い弔辞であった。

夕刻、このホームページをチェック。スパムのコメント書き込みは、登録メンバーに限らせていただくという処置を現在とっているので阻止できているが、トラックバックは今のところ書き込みを阻止できない。過去の法話などに一遍の法話につき、100以上の外国からのトラックバックの書き込みがあることを発見。手作業でシコシコ削除してみたが、まだまだ残っている。迷惑トラックバックの方も何とか手を打ちたいとはおもうのだが。

夜、中庭でこの夏初めてのバーベキュー。明日京都に帰るという次男の送別会?
本人が一番活躍してくれて、熱い火の前で調理役。まだ子ども達が夏休みのある学生、生徒ゆえこちらも夏休みが終わってゆくんだなという感慨を催すが、皆卒業したら、夏休みという感覚もこちらにはなくなってしまうのかもと思ったりする。

夏休みの終わりといえば、高校3年の夏休み、今日の甲子園の決勝と同じ状況、すなわち、決勝が引き分け、翌日再試合というシチュエーションを思い出す。
三沢高校(太田幸司投手)と四国の松山商業。

http://www.yomiuri.co.jp/sports/hsb06/news/20060821i5w1.htm
同じ高校3年生が、甲子園でこんな死闘を繰り広げている様子を、夏休みの午前中の補習を終え、下宿のラジオで聞いていた自分を思い出した。
そうか、37年前か・・・・。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする