夏休みの「日記マトメ書き」 その3

午後仏教婦人会「りんどう 華の会」の例会。会員のHさんが貸してくださっていたTV番組 「しってるつもり」の録画ビデオを鑑賞する。タイトルはずばり
「中村久子さん」。10年くらい前の録画だろう。画像も荒れているが、しかしなんといっても問題は内容。脱疽で両手両足を失われてからの彼女の生き様が、等しく人の胸を打つ。

来月その彼女の生地である、飛騨高山を会の親睦旅行で訪れる。今からでも少しでも参加者が増えたらという、不純な動機の下心があったことは認めざるを得ないが、それを吹き飛ばすくらいの感動が会員の皆さんの胸を打ったようだ。

先月寄付していただいたビデオプロジェクターが今日も活躍。大画面で番組を鑑賞できた。最近のテレビ番組の愚劣さを折に触れて感じるが、かつては民放でもこんな番組を作ってたんだと思い返していた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す