歯医者

3月に受けた歯のインプラントのその後の経過を見てもらいに歯医者に行く。少しきつくしかられた。もっと早く来てもらわないと、あくまでも現在は仮歯なのだから、次のステップ、すなわち本歯への移行がスムーズに行かないと。
結局、もう一本インプラントを植えることになった。来週の予約をして帰る。

帰宅後、「お説教とジャズ」の会場の準備などぼちぼち始める。コンサートを無料に変更したが、どれくらいの反応があるか、心配ではある。
夜、S氏から頼まれていた先週土曜日の「寅さん」の録画をDVDにダビング。結局、全部見てしまった。
面白いことに気づいた。御前様が寅さんに結婚の相談を受けた後で、「南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏」とお念仏していた。御前様役の笠智衆氏は熊本の本願寺派の寺院の生まれであることは知られているが、寅さんの撮影現場である帝釈天は日蓮宗の寺である。笠智衆氏のせめてもの抵抗?だろうかと勝手に想像した。
ただ、山田監督はじめ、映画製作に携わる関係者の宗教感覚はそんなことにこだわる必要がないと思っているていどのものでしかないのだろうか、などど複雑な思いにかられてしまった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%E6%99%BA%E8%A1%86

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す