日別アーカイブ: 2006 年 9 月 22 日

通夜

午前中歯医者。その足で市役所公園緑地課(墓地管理課)にまわる。足羽山墓地の件に関して、何点か確認したきことあり。午後報恩講廻り。たまたまだが、今日お参りした門徒さんのうち、3軒が足羽山に墓地を持っておられる。お勤めの後、必然的に墓参の話になる。千福寺墓地は移転対象には含まれないとの午前中確認した墓地管理課の見解をお話する。
陥没場所に近いこともあり、正直いって今後何の不安もなしにお墓参りができるようになるのか、そうした心配を皆さん持っておられる。

夜、門徒会館でM家の通夜。千福寺門徒ではない。お手次ぎの住職の通夜勤行の後しばらくおいて、仏説阿弥陀経を読誦。残っておられるのは故人に親しい方が殆どのはず。
それなのに、あるいはそれゆえか、読経中もおしゃべりが絶えない。とうとう、途中の金を入れたところで、マイクを握り、「あと10分ほどでお勤めは終わります。せめてその間だけでも、口を閉じて静かにしていただけませんか」と注意した。さすがに静かになったが、内心複雑な思いを禁じえなかった。

これでよかったのか・・・・・。

「お勤めの後姿で教化するのが坊さんだ」と仰った先輩僧侶もいる。
私?とんでもない、自分にはとてもとても。お恥ずかしい限りです。

でも一言言わせていただきたい。子供らが授業中落ち着かない=学級崩壊だと識者はいう。しかしそれは子供たちだけの話ではない。今は黙っているべきときか、おしゃべりしていい場合かのけじめがいい年した大人にもつかなくなっている。

19日のお通夜と今日のお通夜。エライ違いだ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする