菊展示会

いくたびも お手間かかりし 菊の花

知人の娘さんの結婚式で詠まれた、吉川英治氏の歌と聞いた。人にみてもらうまでに、精一杯の愛情とあらんかぎりの手間をかけて仕上げられた菊。お念仏も阿弥陀様の本願成就の精華として私に届けられるまでに、どれほどのお手間をかけてくださったかを味わう一端でもあろうか。

福井西別院の境内で、菊愛好会の作品展が開催中。夜、愛犬メリルとの散歩中に、携帯電話のカメラでパチリパチリ。暗かったので自分の携帯カメラではこの程度が精一杯。本当はもっともっと鮮やかであでやかだったのだが。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す