報恩講廻り2話

午前中、坂井市丸岡町板倉地区の報恩講廻り3軒。といっても3軒とも本家・分家の親戚。この在所には千福寺門徒さんはここだけ。毎年3軒のお勤めの後、揃ってお斎というか、会食。昼間からおいしいご馳走をお呼ばれする。あとからあとからビールが出てきて勧められるが、午後のお参りがあるので、コップ2杯まで。それにしても親戚同士仲がよく、そしてよく飲まれる。若院が廻ってくれるようになったら、午後の法務を空けて一緒にとことんお付き合いするのですが・・・と言い訳。
辞するとき、皆さん外にまで見送りに出てくださったので、記念に携帯電話のカメラでパチリ。

福井市内に戻り、Y家の報恩講。小学生の坊やも一緒にお勤め。鯖江に移動してF家の本家分家の報恩講。本日最後のFさん宅で、これまた例年お出しくださる手作りのおはぎを呼ばれる。ちょっと箸をつけて、思い出して携帯カメラでパチリ。Fさん、ご馳走様。おいしゅうございました。本来なら箸をつける前に撮るべきでしたのに、失礼しました。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す