アブチロンとチロリアンランプ

鯖江市M地区報恩講廻り。
昼のお宿を毎年引き受けてくださるY家。(といってもこの地区の千福寺門徒さんは一軒を除いて皆さん同じY姓である)
奥様が大変な花好きでいらして、今までも何回も鉢植えの花をいただいて来た。
食事をいただいた後、花談義。帰り際に一鉢株分けしておきましたと下さったのが「アブチロン」。「チロリアンランプ」と「アブチロン」を同じ花だと誤解している方が多いですが、「チロリアンランプ」は「アブチロン」の一種ではあるが、一般に「アブチロン」と区別して呼ぶのですと教えてくださった。
ブログを書きながらネット検索すると確かにその通り。

暗くなって帰山。
メリルをつないでいるワイヤーが切れてしまい、今日メリルが逃亡したと坊守が言う。姿が見えないので探しにでたら、寺の横の通りの本日の葬儀案内の看板に、ちぎれたワイヤーでもってつながれていたそうだ。見つけてくださった方が、近くの犬だろうということで繋いで下さったのだろう。

夕食前の一仕事。ホームセンターに一走り。同じワイヤーが今まで3回切れた(セメントの角ですれて切れるようだ)。そのたび買い換えてきたが決して安いものではない。今回は節約の意味もあり、繋ぐ工夫を考える。結果がこれ。
ホームセンターの店員さんのアドバイスもあり、本当に廉く上がった。
部品、一個45円。 修復部分の保護のための塩ビ管100円ほど。

ちぎれたワイヤを重ねて縛る。

塩ビ管でカバーする

テープをぐるぐる巻きして出来上がり

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す