Jazz Live

福井市F地区の報恩講と、I家の33回忌法要。T家の葬儀は前住職が勤める。I家の後、新築なったS家の入仏法要と報恩講。Sさんは千年もつ家を念頭に家を新築されたという。材料も新建材等一切使わずに来たので、着工から3年以上経っている。お洗濯したお仏壇も新品同様に光り輝いている。
午後、鯖江市の報恩講二軒勤め、帰山。T家の納骨法要を勤める。法要に参られたご遺族と親戚の方々は気持ちのいい方ばかりで、差し支えなかったらご紹介くださいませんかというお願いに気軽に応じてくださり、一人一人自己紹介。
納骨法要後、満中陰法要の日時のお約束をしてお帰りになった。

夜、坂井市春江町でのJazzLiveに出かけた。ベース二人のDUOの演奏。客は少なかったが、ベース弾きの自分としては十分に楽しめた。
女性ジャズベーシストというのは貴重な存在。さらに相当な腕前。

「最低の音で、最高の音楽を」これがベース弾きのモットー。
バチバチ写真を撮り、最後にお二人と記念撮影。写真をお送りする約束をして会場を後にした。明日は武生での演奏という。時間が許せば明日も行きたい。

例によって厚かましくも記念撮影をお願いした。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す