葬儀と法事

8時過ぎにホテルをチェックアウト。タクシーにて次男のアパートに回り、同乗して葬儀式場に向かう。何しろ葬儀の経験が今回で3回目の息子ゆえ、会場の控え室で式の次第にそって細かく指導する。
10時からの葬儀を無事におえ、自分は京都駅にて福井からの坊守と合流、奈良に向かう。親戚寺院の前住職様の十三回忌法要に出仕。依頼されていた法要の後の法話を終え、この寺の門徒さんのホテルでの会食。
連日の報恩講廻りと移動、通夜・葬儀・法要出仕・法話と続いたので、疲労を感じる。
親戚寺院の法要出仕のこともあったので、日程を空けてあったゆえ、京都の門徒さんの葬儀も無事勤めることが出来た。

近鉄奈良駅を18時に発ち、京都でJRに乗り換える。サンダーバードを待つ間、京都駅の0番ホームのはずれのベンチに座っていると、目の前に片足の鳩が
足を引きずりながら寄ってきた。見ると左の足首がない。
人口御影石のすべりやすい床を不自由な足を引きずりながら、人なつこくベンチに座る人の前を餌をねだっているかのように行ったり来たりする。
残念ながら与える餌になりそうなものを持ち合わせず、「すまんな、何にもないよ、でもお前も精一杯生きているな、がんばれよ」とつぶやく。

明日からまた報恩講廻りが待っている。早々に寝よう。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す