小黒報恩講

午前中歯医者。インプラント施術の仕上げである。仮にかぶせた義歯が中々外れずに苦労する。前回はこれだけに1時間半かかったが、今日は早かったとはいえ、30分近く要したが。

午前中市内一軒報恩講を勤め、午後から坂井市丸岡町小黒地区の報恩講。
ここの在所も、家々のお勤めの後もういちど寺当番(道場番という)の家に集まり、全員で正信偈唱和・法話の総報恩講(そうぼんこう)を勤める。今年の宿はS家。仏間の皆さんの元気のいい正信偈のお勤めが響く。法話の後、お待ちかねの会食。お勤めが終わると法務員のY君だけ車で鯖江にひとっ走り。T家の枕経である。蕎麦にうるさい人が何人もいる在所である。ひとしきり蕎麦談義。

一昨日の日曜日、先立ってこの地区のお参りをした次男のことを、皆さんがあたたかく受け入れてくださり、住職の私より受けがよかったようである。和やかに色んな話題が飛び交いながらお料理とお酒を堪能。
そうこうしているうちに、時間もたち、Y君が帰ってきた。
記念写真をパチリ。

帰山したのが21時半ころ。会館で行われている通夜のご遺族に挨拶。
明日はあわら市の報恩講廻り。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す