月別アーカイブ: 2007年1月

夜中の電話

午前1時前、電話あり。こんな時間の電話はほぼ間違いなく、訃報。枕経に赴く。門徒さんのお嬢さんの嫁ぎ先のK家。お手次ぎのお寺が無いということで、多分お仏壇も無いだろうと予想し、ご本尊と鈴(りん)を持参。やはり持参したのは正解だったが、ご家族にしても全く突然のことで、何も手につかない様子。葬儀の打ち合わせをして帰宅するも、目がさえて寝つきが悪い。

会館では、他の葬儀社が他門の方の葬儀の使用申込みあり。今日から準備にかからせて欲しいとのこと。明日、通夜。明後日葬儀という段取り。葬儀には出仕して欲しいとの依頼。

午後4時ころ、門徒さんの訃報。Nさんである。Nさんはお元気な頃は、寺からの旅行や、念仏奉仕団には欠かさず参加されたかたである。また仏画をたしなみ、沢山の作品を書かれた。寺の門徒作品展にもしばしば出品。また親鸞聖人像や蓮如上人像は門徒さんの中で購入された人も少なくない。

Nさんの臨終勤行をつとめ、その足でK家の通夜へ。
故人はそれこそ急逝で、昨日の午前中には元気で立ち振る舞っておられたとのこと。ご遺族のかたがたは本当にまだ実感が沸かないのではと思う。拝読する「「明日には紅顔あって・・・・」の白骨の御文章がより一層こころに沁みる。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

葬儀

午前10時よりM家葬儀。この地区は最近殆どの葬儀が町内の公民館を使って行われる。1階が葬儀会場。2階では、ご婦人方が大勢でお精進の料理の準備。地区全体が関わってのこうした葬儀のあり方が亡くなりつつある現在、大切なこれもひとつの文化だと思う。そういえばこの地区は現在も地区で運営している火葬場があり(福井県では三昧と呼び習わす)、市の近代的な公営の火葬場には行かず、この三昧で荼毘にふす。ここで生き、ここでその生を終えて、ここで荼毘にふされる。これもあり難いことだと思う。

その三昧での火葬、収骨も案外と早く済み、午後の納骨法要も思ったより早く終わった。夜7時にY家の月忌参り。
お勤めには家族全員が揃ってお参りされる。しかも今日は嫁いだ娘さんも。
おばあちゃんから、「ご院さん、先月より少し体重落ちたかね?」と聞かれる。待ってましたとばかりに、「わかりますか?」と私。
「顔も少し細くなったようだし、お勤めの後姿もちっとばっかし細うみえるよ」
「実は今年に入ってプール通いを復活したんです」とダイエット談義。
ご法義の場でそんな話ばかりでは申し訳ないが、これも親密度を深めるひとつのてだてということで・・・・・・・。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

京都、大阪へ

10時より門徒会館の葬儀に出仕。昼前の列車で京都へ向かう。本願寺の境内は、御影堂を覆っていた工事用の大屋根が撤収され、その大甍が澄んだ青空に屹立していた。
本願寺での所用を済ませ、宗務所を出たところで先輩のN氏にばったり。N氏は本願寺の宗会議員を勤めておられる。その委員会が今終わったところ。宗務所内の喫茶店でコーヒーをご馳走になり、一緒に大阪高槻の行信教校に向かう。
N氏も行信教校の評議委員。

行信教校に在学している甥の部屋(寮生活をおくっている)を訪ね、今後の進路を聞く。一応大学に復学し、(東京芸大を休学して行信教校にきていた)卒業して、出来たらまた行信教校で仏教と真宗を勉強しなおしたいと語る。
それにしても、行信教校で学んだ事で、勉強することの楽しさ(仏教に限らず)と勉強させてもらえることがいかにありがたいかということを知らしてもらいましたという。(この辺は叔父に似ない、殊勝さである)
行信教校事務所で、ある先生の正信偈講義の録音をコピーさせてもらう。1.5ギガバイトのDVD録音。わずか数分でパソコンに取り込むことが出来た。
6時より、理事会ならびに評議委員会。数件の案件を審議。といっても末席にすわっていただけだが。

本来ならゆっくり宿泊して帰りたいところだが、明日M家の葬儀があり、サンダーバード最終列車で帰福。坊守駅まで出迎えてくれた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

一周忌

早朝の電話。M家の臨終勤行へ。その足でY家の月忌参り。ご子息が東京から帰省しておられた。今日このあと、お母様を生家の高岡へお連れされるとのこと。
11時より鯖江M家一周忌。小児白血病からあとには脳に腫瘍ができた。15年間の人生を精一杯生きた少年。病院内の養護学校で殆どその学校生活をおくった。
ご家族だけでの慎ましやかな御法事。

夕方、本堂屋根修復事業に関して、門徒会館運営委員の方々に集まっていただき、皆さんの意見を拝聴。こちらの持ち合わせていない知識、情報をそれぞれの立場で提供してくださり、「へーっ!」と驚いたり感心したり。建設的な前向きのご意見をいただきました。

門徒会館での通夜に出仕しなければならず、ゆっくりしていただくつもりが委員の方々に失礼をしてしまった。お勤めが終わり座敷に帰ると、皆さんもうお帰りになられた後。本当に失礼しました。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

風邪をひいたようです

昨晩テレビを見ながらうたたねしてしまい体が完全に冷え切ってしまったようで、夜中に目が覚めあわてて布団に入りなおしたが、冷めた体では布団の中も温まらない。寒いときにメリルがそうするように体を丸めてみるもののぞくぞくする。こりゃ風邪ひいたかな?と思いつつ朝床からでた。
案の定、鼻水、鼻声。
10時より、「お菓子と法話の会」。宮崎の鳥インフルエンザの報道で≪処分≫という言葉が使われることに対する違和感と、仏教のいのちの捉え方から【金子みすず】さんの詩を紹介しつつ、話を進めた。

午後、門徒会館に設置する大型テレビのラックをみつくろうべく、ホームセンター、家具屋などを回る。
17時、まだ済んでいなかったS家の報恩講を勤める。今年度最後の報恩講のお勤め。お嬢さんがこの春高校進学。彼女が小学校4年生の時、残った唯一の日曜学校の生徒。申し訳なかったが、結局その後5年間の休校状態。

日曜学校(土曜学校?)の再会が目下の大きな課題である。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする