京都、大阪へ

10時より門徒会館の葬儀に出仕。昼前の列車で京都へ向かう。本願寺の境内は、御影堂を覆っていた工事用の大屋根が撤収され、その大甍が澄んだ青空に屹立していた。
本願寺での所用を済ませ、宗務所を出たところで先輩のN氏にばったり。N氏は本願寺の宗会議員を勤めておられる。その委員会が今終わったところ。宗務所内の喫茶店でコーヒーをご馳走になり、一緒に大阪高槻の行信教校に向かう。
N氏も行信教校の評議委員。

行信教校に在学している甥の部屋(寮生活をおくっている)を訪ね、今後の進路を聞く。一応大学に復学し、(東京芸大を休学して行信教校にきていた)卒業して、出来たらまた行信教校で仏教と真宗を勉強しなおしたいと語る。
それにしても、行信教校で学んだ事で、勉強することの楽しさ(仏教に限らず)と勉強させてもらえることがいかにありがたいかということを知らしてもらいましたという。(この辺は叔父に似ない、殊勝さである)
行信教校事務所で、ある先生の正信偈講義の録音をコピーさせてもらう。1.5ギガバイトのDVD録音。わずか数分でパソコンに取り込むことが出来た。
6時より、理事会ならびに評議委員会。数件の案件を審議。といっても末席にすわっていただけだが。

本来ならゆっくり宿泊して帰りたいところだが、明日M家の葬儀があり、サンダーバード最終列車で帰福。坊守駅まで出迎えてくれた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す