葬儀

午前10時よりM家葬儀。この地区は最近殆どの葬儀が町内の公民館を使って行われる。1階が葬儀会場。2階では、ご婦人方が大勢でお精進の料理の準備。地区全体が関わってのこうした葬儀のあり方が亡くなりつつある現在、大切なこれもひとつの文化だと思う。そういえばこの地区は現在も地区で運営している火葬場があり(福井県では三昧と呼び習わす)、市の近代的な公営の火葬場には行かず、この三昧で荼毘にふす。ここで生き、ここでその生を終えて、ここで荼毘にふされる。これもあり難いことだと思う。

その三昧での火葬、収骨も案外と早く済み、午後の納骨法要も思ったより早く終わった。夜7時にY家の月忌参り。
お勤めには家族全員が揃ってお参りされる。しかも今日は嫁いだ娘さんも。
おばあちゃんから、「ご院さん、先月より少し体重落ちたかね?」と聞かれる。待ってましたとばかりに、「わかりますか?」と私。
「顔も少し細くなったようだし、お勤めの後姿もちっとばっかし細うみえるよ」
「実は今年に入ってプール通いを復活したんです」とダイエット談義。
ご法義の場でそんな話ばかりでは申し訳ないが、これも親密度を深めるひとつのてだてということで・・・・・・・。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す