月別アーカイブ: 2007年2月

三男得度

18日より本願寺での得度習礼(しゅらい)を受けていた三男が、このたび無事習礼期間を終えて晴れて浄土真宗の僧侶としての度牒(どちょう)を頂戴した。

習礼所(しゅらいしょ=京都の桂にある、本願寺西山別院)での10日間のこもりっきりの研修の最終日、本山の晨朝(朝のお勤め)のあと、いよいよご門主様からお剃刀(かみそり)を受け法名をいただきました。先に得度していた二人の兄からそれぞれ、得度の厳しさを(半分は脅かし)を聞かされていただけに、相当緊張して習礼に臨んだようだが、2・3日したら多分何とか10日間を乗り切れるだろうという気がしたと本人は言っている。

帰山して、本堂にて一緒に阿弥陀様に奉告のお勤めの阿弥陀経。習礼前と後では声の出方などが全く違う。しっかりお勤めなども鍛えられてきた模様。

自分はこの千福寺に入寺するとき、亡き実家の父から「偉いお坊さんになる必要はない、ただありがたいお坊さんになってくれ」との願い聞かされた。
同じ願いをこの三男にもそっくりかけている自分がいる。その自分は父の願いに応えられているだろうかと振り返りつつお勤めをさせてもらった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

老人ホーム法話会

毎月の老人ホーム法話会。今月は、ビデオテープとビデオプロジェクターを持参してみなさんに見てもらう。ソフトは、中村久子さんを取り上げた「生きる力をもとめて」。皆さんが感動しておられるのが見て取れる。
終了後、職員のお一人が、よろしかったらテープを貸していただけませんかと申し出られたのでお貸しする。

ホームからその足でプールへむかう。いつものとおり600M泳ぎ、筋トレと入浴、サウナ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

電気工事

門徒会館の照明工事に、K電工から二人来て作業。ロビーの受け付けあたりの照明が暗いと何人かの人から指摘されていた。4個の埋め込みランプがついたからこれでだいぶん明るく感じるはず。

ついでに、先日購入したロビーの大型テレビのアンテナ配線も依頼。会場内のモニターカメラにも接続できるようにといろいろ細かい注文にも気軽に応じてもらった。

この会館の電気工事は当時、同じk電工が請け負ってくれたが、そのとき中心になって動いてくれていたF氏の事を訊ねたら、もう5・6年にもなるだろうか、亡くなられたという。多分自分と同年輩だったのではと思うが、本当に驚いた。

夜鯖江でT家の通夜。故人は99歳。例によって、通夜の法話の最後に「清め塩」のもつ意味を考えたら、仏教徒なら止めてしかるべきではないかと話す。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

持つべき友は

お医者さんと法律家と宗教家を友人に持つとよいと巷間いわれているそうだが、自分が僧侶であり(頼りになるかどうかはこの際問わないで下さい)、あとのお医者さんと法律家の友人はいる。東京の弁護士の友人にある相談の電話をしたら、たまたま本人が事務所におり相談に乗ってもらった。本来ならクライアントの相談はたとえそれが電話によるものであっても相談料を取るのが本筋だろうが、彼は固辞する。彼については立志伝がかけるほどの頑張り屋で、おかげで彼の今日があるのだろうが、尊敬できる友人を持っていることは自分にとっても幸せな事だと思う。

午後、プールへ。心肺能力は確かにスイミングのおかげで向上していると実感する。200m連続で何とか泳げるまでになった。

700m泳ぎ、プールから上がったが、今日は腰痛をおもんぱかって筋トレはやめておく。入浴、サウナと汗を流し、6時からK家の三七日のお参り。
腰痛の痛みは軽くなった・・・・・ような気がする。

夜、久し振りにシライハウスへ。カウンターに蕎麦会でマジックショー出演してくれたN氏が一人飲んでいた。マジック談義に花が咲く。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

腰痛

一昨日、昨日の京都往復の運転のせいだろうか、今日になって腰痛がでた。たいした事はないと思うが、しかし腰痛は腰痛。こいつとの付き合いは20代から。一番ひどい頃は、いわゆる坐骨神経痛まで伴う鈍痛を抱えたままの毎日だった。おかげで、独身時代にしかできないであろう、リュックを担いでのインド旅行を出発直前になって諦めざるを得なかったことなども思い出した。

整形外科、指圧、針灸、カイロプラクティック、整体などなど、腰痛治療に通ったところは数知れず。
現在はひどい腰痛の場合は、自分に一番合ったと思われるカイロプラクティックに行くことにしている。しかし今回の腰痛はそこまではない・・・と思う。(期待をこめて)

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする