お説教と蕎麦会&マジックショー&ジャズ

9時半よりH家三回忌。急いで帰山。10時開始の「お説教と蕎麦会」お勤めは前住職に頼んであったが、本堂に向かうと坊守のひくピアノの真宗宗歌がひびいいてくる。ベストタイミングで法話の時間。
鳥インフルエンザの鶏処分の話から、いのちの掛け替えのなさということの意味について思うところを話させてもらう。

いよいよ、蕎麦会の開始。台所では千福寺門徒の蕎麦名人、前田さんを中心に、同じく千福寺門徒の寺井さん夫妻と町内のKさん夫妻・Tさん夫妻の応援を得て戦闘開始。本堂では恒例の福井奇術同好会から3名の出演者。

ジャズの白井淳夫さん夫妻が遊びに来ておられ、当然ジャズ演奏も。
今年の参加者は40名ほどだったろうか。

奇術同好会と台所の皆さんにお礼の挨拶をして、福井市内S家の三回忌。帰山後法務員のY君の活躍もあり、早々に本堂の後片付けも終わる。
その後K家の月忌参り。そういえば昨年子供さんをなくされたKさん、おさそいした今日のお説教と蕎麦会にも参加しておられた。感想を聞くと、楽しかったし、お蕎麦もとてもおいしかったですと喜んで下さっていた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す