詩集

同じ教区内のご住職から、詩集の贈呈を受けた。
題は「おおきな手の中で」。

痛々しいほどに繊細な詩人の魂を持つ彼の、しかしお念仏の恵みを確かに喜んでおられるさまが選びに選んだ言葉に込められてつづられている。

その中から

  アゴ念仏

  ”ものを 食べるとき、
   アゴを 動かします。
   念仏も この通りです。”

  ”いや 違う。
   余りに おいしいものを 食べると
   思わず アゴが動くのです。
   念仏も この通りです。”

   著者は   福井教区邦中組乗誓寺住職 鎌数 学 氏
                      詩学社より発刊

アゴを動かすのは私の意思か、
   私の口にあるおいしい食べ物か私のアゴを動かしてくれるのか?

              

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す