3連休の最終日

午前9時よりK家の二七日のお参り。10時半よりT家25回忌法要。参列された方のご親戚で以前にC型肝炎をわずらっておられる方の話が出たことがある。法話のあと、「住職さんもそういえば同じ病気を経験されたと聞いたことを思い出しましたが、その後如何ですか?」と尋ねられた。
「おかげさまで自分は治療の甲斐あって、一応主治医からは治癒と言っていただいていますが、その後脂肪肝と診断されています」と。

肝臓病を患った人の理想的な食事は、≪高蛋白低カロリー≫のそれ。しかし云うは易し、行うは何とかの格言どおりで、≪高蛋白高カロリ≫に陥りやすい。その結果が自分のような脂肪肝。じぶんなど、メタボリックシンドロームどころか、メタボリックそのものが服を着て歩いているようなもの。皮下脂肪、内臓脂肪ともにナントカせねば、というあせりが自分をプールに通わせる。

T家のご主人は公務員退職後毎日ウォーキングを重ね、十キロ以上の減量に成功された方。いまでも毎日ウォーキングは欠かさない。確かにおなか周りは以前のそれと比べるとすっきりしておられる。ウォーキングも大切ですが、お寺の聴聞の場にも足を運んでくださいねとやんわりと話す。

というわけで、午後プールへ。休日ゆえか、珍しく小学生のグループが泳いでいた。夜、門徒会館にてM家の通夜に出仕。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す