真宗教室

午後3時すぎ、明日挙式するO君とHさんが準備と最終打ち合わせに来示。指輪交換のための指輪を載せる素敵な台をHさんのお母様が手作り。先日、事前に渡してあった誓いの言葉にも二人署名・捺印して持参。

夜、今年初めての真宗教室。本堂は明日の挙式の準備がしてあるので、今月の真宗教室は門徒会館にて。

御伝鈔上巻、第七段 信心一異の条。
文章そのものはそれほど難しくはないし、また比較的短い一段ではあるが、真宗において一番大切な他力回向の信心、本願力回向の信心を扱った段である。
お茶の休憩を挟んでのちは、座談形式で賜りたる信心=すなわち他力ということを味わった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す