わかっちゃいるけど

植木等氏が逝去された。

ずっと以前に読んだ「夢を食いつづけた男」(植木等著)に、
特高警察に彼の父親は睨まれていたとあった。
激励の挨拶を頼まれるたびに若い出征兵士に、駅頭で
「君は絶対に相手を殺してはならない、また絶対に死んでは
いけない。何があろうとも生きて帰って来い、それがお国と親に
対する一番の御恩返しだ」と大声で演説したからだそうだ。

昨年、NH○で植木等氏の同名のタイトルの番組があった。
実は植木等氏自身が夢を食いつづけた男だったのだろう。

スーダラ節のヒットのオヤジさんの後押しのエピソードは
わが業界(真宗)では有名だった。

  

「わかっちゃいるけどやめられない」人と
「わかってないからやめる気のない人」との違いは?

      よーく考えてみる価値はある。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す