月別アーカイブ: 2007年4月

仏教への旅(再放送)

掲示板にJINEI氏が投稿して教えてくださった、五木寛之氏の「仏教への旅(再放送)」は良質な番組だと思う。

午前中、今庄地区で法要二軒。一軒目のKさん宅は一周忌法要。お気の毒な事に奥様はしばらく前にぎっくり腰のような症状が出て、法要当日の今日も布団から起きられない状態。法要後お顔だけでもとお休みのところに伺い、見舞う。二軒目のKさん宅は満中陰法要。残された奥様とご子息が、この度の父君のご葬儀をご縁に仏法をちゃんと聞くようにという伯父上の強いお勧めもあり、今期の真宗講座に参加されている。お斎の席に呼ばれて会食。皆さんより少し早めに会場を辞し帰山。2時より、あわら市のM家の皆さんが来寺。二十五回忌法要。
当時まだ小さかったお嬢さんお二人も結婚され、お孫さんを伴っての法要。

夕刻市内K家の月忌法要。
帰宅して録画しておいた「仏教への旅(再放送)  ブータン」を観る。何と穏やかな生き方をする人々なんだろうと胸に沁みた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

葬儀と法事と

9時より市内葬儀社の会館でO家の葬儀。といってもO家は拙寺のご門徒ではない。以前葬儀社の紹介と依頼でご両親の葬儀を勤めさせていただいたご縁で今回もというわけである。

11時より坂井市T地区のO家三十三回忌。1歳で水の事故で亡くなった息子さんの法要。同じ地区に住む親戚の家族もみんな呼んでたくさんのお参りである。
自分が勤められる息子の法要はこれが最後かもしれないと仰るので、そりゃ、お互い明日はわからん身ではありますが、息子さんの五十回忌を何としてでも自分が勤めさせてもらうんだというのを目標に、定年後を過ごして下さいよとお願いする。
それにしてもこのO家の親戚のお付き合いはみていて気持ちがいい。報恩講回りも廻り番で宿を引き受け、必ず呼んで呼ばれて会食。ゆっくり食事も呼ばれて最後までお付き合いしたいのだが、あとがあるからと辞す。飲んでいても皆さん、外にでてお見送りしてくださった。

2時より、市内M家一周忌。
帰山して、録画しておいたNHK放映の五木寛之氏「仏教への旅」を観る。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

りんどう華の会

朝、南越前町K家の七日法要。今日が最後である。明後日満中陰法要を勤められることになっている。
午後一時、T地区Y家のおわたまし法要。T家では近く家の新築工事にかかられる。その間にお仏壇をお洗濯に出されるので、その前にお勤めをということで出向く。
ところでこのお勤めを、お精入れ・お精抜きと世間では言うが、全くの誤認識である。
では何と呼ぶのが正しいのか。

あるいはもっとストレートに「お遷仏法要」ともいう。尊い方がその居場所を移られる(我々にとってはご本尊様)にあたっての奉告法要であり、まかりまちがっても読経することで、何か精霊(たましい)のようなものがお仏壇から出たり入ったりするというものではない。

Y氏は定年が近づき、福井に帰るにあたり地震対策も含め安心して家族が住めるうちにしたいということで新築を決心されたそうだ。

2時より、りんどう華の会(仏教婦人会)の例会。お勤めの後しばらく法話させていただく。話の途中で、たしかこの話は昨年もこの時期にしたのじゃないかと思い始めたが、そのまま最後まで。

終わってから、入院しておられるS氏を見舞う。先日法話と落語のカセットテープを届けたところ非常に喜んでくださったとのことゆえ、もう一本ダビングして持参。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

庭木の剪定

年に一度の梯和上の勉強会・公開法座を終え、充実した中にもいやそれゆえか、寂しさともまたは空虚感ともどちらとも言えるような名状しがたいけだるさのようなものを感じた一日であった。昼食を挟んで庭の手入れ。といっても草むしりや紫陽花、椿の剪定など。以前なら境内で燃やせたが、今はそういうことも出来ないので、剪定した枝などさらに細かく刻んでゴミ袋に燃えるゴミとして詰める。

シャキントせい、と自分に言い聞かせるつもりで3時過ぎからプールに向かう。
500メートルと筋トレ、サウナ、入浴といつものメニュー。
久し振りにジャズクラブへ行こうと思いつつも、晩酌の焼酎2杯でいい気分になってしまい、取りやめ。落語をCDで聞きながら眠りにつく。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

ご講義二日目

午前9時より、講義再開。お疲れのご様子も見せられず、12時過ぎまでみっちりご講義いただいた。誠照寺派のN氏も参加しておられ、ビデオカメラで昨日のご講義、ご法話、今日のご講義と録画して頂いている。参加者にはDVD化して後日お届けすることになる。

例年そうであるが、お帰りの列車の時刻ぎりぎりまでご講義くださるので、しまいにはこちらがひやひやしてしまう。向拝で記念撮影。F氏の車で駅までお送りする。

受講生の皆さんにも手伝って頂いて、本堂などの後片付け。
和上をお送りし、皆さんが帰られるとぽっかりと何か心に穴が開いてしまったような虚脱感。また来年を楽しみにとお弁当を食べて散会。

坊守や前坊守も何かと大変な思いをしながらもこの勉強会を盛りたててくれた。感謝・感謝。

夜は、昨晩公開法座の開かれた門徒会館で通夜。西別院の直参の御門徒さんで、別院からのこられた福輪番さんに引き続き阿弥陀経のお勤めをする。
夜はさすがに早めに床についた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする