君自身に還れ

昨日購入した、『君自身に還れ』を読み始める。

わからないところが多いんです。だって専門に哲学を勉強したわけじゃないから、ポンポンと哲学者の名前とその思想を語られても「へー、そうなんだ」といってついてゆくしかないんですけどね。
でも正直いって面白いんです。わからんけど面白いという経験は、若い頃必死に読んだ小林秀雄以来かな。

「お勧めの一冊です」と書評らしきものを添えて紹介できたらいいのだろうが、殆どワカランと宣言した当人が推薦するなんて矛盾もいいとこ。

よって、前書きにある大峯顕師の「本書が、長寿と金銭が最高善となったかに見える現代社会の中で、人生とは何のためか、自己とは一体誰かという人間の根本問題を真剣に考えようとする人びとの刺激となるならば私たちのよろこびである」という言葉を紹介して、このブログを読まれた方への『本紹介』とさせていただきます。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す