りんどう華の会

朝、南越前町K家の七日法要。今日が最後である。明後日満中陰法要を勤められることになっている。
午後一時、T地区Y家のおわたまし法要。T家では近く家の新築工事にかかられる。その間にお仏壇をお洗濯に出されるので、その前にお勤めをということで出向く。
ところでこのお勤めを、お精入れ・お精抜きと世間では言うが、全くの誤認識である。
では何と呼ぶのが正しいのか。

あるいはもっとストレートに「お遷仏法要」ともいう。尊い方がその居場所を移られる(我々にとってはご本尊様)にあたっての奉告法要であり、まかりまちがっても読経することで、何か精霊(たましい)のようなものがお仏壇から出たり入ったりするというものではない。

Y氏は定年が近づき、福井に帰るにあたり地震対策も含め安心して家族が住めるうちにしたいということで新築を決心されたそうだ。

2時より、りんどう華の会(仏教婦人会)の例会。お勤めの後しばらく法話させていただく。話の途中で、たしかこの話は昨年もこの時期にしたのじゃないかと思い始めたが、そのまま最後まで。

終わってから、入院しておられるS氏を見舞う。先日法話と落語のカセットテープを届けたところ非常に喜んでくださったとのことゆえ、もう一本ダビングして持参。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す