葬儀と法事と

9時より市内葬儀社の会館でO家の葬儀。といってもO家は拙寺のご門徒ではない。以前葬儀社の紹介と依頼でご両親の葬儀を勤めさせていただいたご縁で今回もというわけである。

11時より坂井市T地区のO家三十三回忌。1歳で水の事故で亡くなった息子さんの法要。同じ地区に住む親戚の家族もみんな呼んでたくさんのお参りである。
自分が勤められる息子の法要はこれが最後かもしれないと仰るので、そりゃ、お互い明日はわからん身ではありますが、息子さんの五十回忌を何としてでも自分が勤めさせてもらうんだというのを目標に、定年後を過ごして下さいよとお願いする。
それにしてもこのO家の親戚のお付き合いはみていて気持ちがいい。報恩講回りも廻り番で宿を引き受け、必ず呼んで呼ばれて会食。ゆっくり食事も呼ばれて最後までお付き合いしたいのだが、あとがあるからと辞す。飲んでいても皆さん、外にでてお見送りしてくださった。

2時より、市内M家一周忌。
帰山して、録画しておいたNHK放映の五木寛之氏「仏教への旅」を観る。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す