真宗講座

毎月最終日曜日は真宗講座を開催している。とっても4月から9月までの6回ではあるが。今年は第四期生。

正信偈のお勤めの練習と、「私達の浄土真宗」をテキストに真宗入門講座。
千福寺門徒ではないが、先般ご往生されたSさんの娘婿さんも、千福寺門徒Nさんに誘われて参加してくださっている。勿論大歓迎である。

かつて、お念仏が燎原の火のごとく広まって行ったころには、こうしてご門徒さんがご門徒を誘い、そのお念仏の輪を広げてくださったのだろうが、あなた説く人、私聞く人という変な分業化が進んでしまったような気がする。
確かに僧侶は人一倍学ばねばならないことはいうまでもないが、教えが伝わるのは僧侶の力ではない。いや、阿弥陀様のお働きで教えは伝わりひろまるのであって、そこに僧侶と門徒という垣根・分業化があるはずもない。

僧侶もご門徒に育てられるのである。先述したSさんの生き様、死に様は、間違いなく阿弥陀様はこんな形で働いてくださってある、それを私は目の当たりに教えていただいた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す