起工式

午前中、東京よりK家来寺。ご尊父の七回忌法要。
午後、千福寺の墓地造成の県よりの認可がおりたことに伴う工事着手の起工式を仏式にて挙行。

認可申請にともなう煩雑な事務諸手続きに関し、墓石会社のK氏には口に表せないほどのお世話を頂いた。認可申請はとても住職一人の手におえるものではない。
寺族、墓石会社、工事関係者、総代、地権者の方、地区の区長さんなどの列席をいただき恙無く式は終了。
挨拶の中でも申しあげたことだが、何をおいてもご理解いただいた地権者の方々、取りまとめに動いてくださった区長さんに感謝申しあげたい。さらに先述した認可申請の煩瑣な手続きを引き受けてくださったK氏。
皆様のご理解とご協力をただただ感謝するばかりである。
願わくは、事故なく完成の日を迎えられることを願うばかりである。

夜、N家通夜。故人は九十余歳の人生を全うされた。お孫さんが交通事故にあうという悲しみを経験されたが、それを機縁に仏法聴聞にいそしまれた。お参りの度に御法義の話をするのが楽しみだったお宅である。
納骨法要のあと、前住職がその事に触れ、ご遺族の皆さんもそのお志を継いでいただきたいと話していた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す