悩む力

たまたま録画しておいたを観た。

姜尚中(かんさんじゅ)という人、論客としてマスコミに顔を出すが彼の著作を読んだ事はない。ところが彼が夏目漱石を取り上げて、このシリーズの最終回は「あなたはまじめですか?」という標題を掲げて、姜尚中氏の漱石像を示しておられた。しまったと思った。この番組もっと早く知っておけば全部録画したのに。テキストが出ているので早速買いに行こう。

「悩む力」とは刺激的なタイトルである。悩む力とは、苦悩を引き受ける力と言い換えていいのではないか。(自分の事は棚にあげて)自分は現代日本人はこの苦悩を引き受ける力が萎えているのではないかと最近思い始めている。
苦悩はないにこしたことはない、しかし人生は苦であるとは仏陀の喝破されたところ。苦悩を超える道を求めるのではなく、安直に苦悩から逃れる道に逃げ込もうとしているのが我々現代人ではないか。
「癒し」という言葉が流行ればそれに飛びつき、スピリチュアルカウンセリングがマスコミでもてはやされればそれに走り・・・。

以前も書いた事だが、師のK和上は仰る。
「人生は楽しむものだ、楽しまねば損だ」というような姿勢で人生を見ている限り、必ず裏切られますよ。まず真っ先に私を裏切るのは私自身の体でしょうね、と。人生は苦悩を克服すべき道場として与えられたもの、道場ではいい加減な態度でいると怪我しますからね。それなりに真剣にもならねばならないし、真面目に取り組まなくては。

そういえば、今日の番組のサブタイトルが、「あなたは真面目ですか?」

こりゃ、どうしてもテキストを買いに行かなくちゃ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す