お盆モード突入

京都で学生生活を送る三男は既に夏休みで帰省していたが、こちらは自動車学校に通う日々。昨日同じく京都の次男が帰省。

市内T地区のお盆参りに次男を伴う。一昨年まで一人で十数件を廻っていたことを思うと、本当に助かる。ありがたいのは、ご門徒さんがたが、若院(じゃくいん)を温かく受け入れてくださる事。

朝から昼過ぎまでかかって、お参りを終える頃には衣(ころも)はもう絞れる位までに汗で濡れている。
今日困った事。昨日から少しおなかの具合がよろしくない。これくらいは大丈夫だと思って回り始めたが、四軒目のお宅でとうとう我慢できずにお手洗いを借りる羽目に。それでも何とかあとのお参りを済ませ今年のお寺番のA家で用意してくださった昼食をありがたく頂いた。全部は食べきれずにパックに入れていただき、午後の最後のお宅のお参りが終わる頃に再び腹痛が。(やはりこんなときは食べないのが一番と後悔したが、時すでに遅し)

寺に帰る車中、信号待ちに引っかかり愚痴り、前を走る車の運転ののろさを毒づき、となりにすわる次男にたしなめられながら、何とか、本当に何とかで間に合った。

何が間に合ったかって?トイレですよトイレ。こんなことも長い住職生活の中ではあるんです。
(お盆にふさわしくない話題でごめんなさい)

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す