お説教とジャズ当日

午前8時半より第四期真宗講座。皆さんに、一日二度もお寺に足を運ぶのは大変でしょうが、よかったら午後の「お説教とジャズの午後」にもどうぞとしっかり宣伝。

11時にはミュージシャン達がりんどうホール入り。サウンドチェックとリハーサル。午後1時、ボーカルの遠藤さや嬢が福井着。駅まで出迎える。

午後2時、讃仏偈のお勤めで始まる。40分ほど住職の法話。お客様の入りはまずまず。結果的には180名近い方が来て下さった。

熱のこもった演奏。比較的スタンダードでポピュラーな選曲である。ジャズ通・マニアが相手の演奏会ではないので、この選曲は主催者としては嬉しい。

福井新聞社の取材を受ける。明朝記事に取り上げてくれるそうだ。
招き入れられて、厚かましくも数曲演奏させてもらった。
アンコールを含めて、予定の4時半を大きくオーバーして演奏を終わる。
最後は恒例の白井淳夫さんによる「恩徳讃」のサックスソロ演奏。会場からは静かにハミングする声が聞こえた。

こうして無事に盛況のうちに今年の「お説教とジャズの午後」は終了。
例年以上に沢山の方のご参加を頂き、会場で集めさせていただいた中越沖地震災害復興の義捐金は10万円を越えた。
皆様本当に有難うございました。

ご門徒のSさんなど数名の方が残って会場の後片付けまで手伝ってくださった。あらためて感謝申し上げます。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す