日別アーカイブ: 2007 年 9 月 10 日

正信偈講座

鯖江ご本山の「正信偈に聞く」の9回目。龍樹章の残りと、天親章。ご門主さま、前お裏方様もご臨席。
受講生の中に、先日の 😛 で紹介した鯖江市F会館の大女将のお顔も見えた。

10月6日「行信講座」(講師 高田慈昭 師)のチラシを用意したにもかかわらず置き忘れてきた。坊守が電車で鯖江まで届けてくれて何とか間に合い、受講生に皆さんにお配りできた。
多いんですよね、最近こんなわすれかた。
K和上は「ご法話を聞いても、年のせいかすぐ忘れてしまうんですと仰るお同行がおられますが、忘れる事を苦にする必要はありませんよ、新しく聞かせてもらえることを楽しみにすれば良いんです」とご法話で仰せになる。確かに同じ事でも、視点を変えて受け止めればマイナス要素もプラスに転ぜられる。
ならば、私の今日の忘れ物は、坊守がわざわざ届けてくれて正信偈講座の末席に座らせていただくご縁となったと、喜ぶべきか?

でも、出来る事ならことにその頻度が高くなった物忘れ、あまりないほうが周りにとってもありがたいことだとは思う今日この頃です。

あるブログで、首相の日本語の使い方のオカシサ(間違い)をしばしば指摘している。今日は例の「職責云々」の発言について突っ込みを入れていた。
「職責」は《全うする》ものであって、《しがみつく》という表現は日本語としておかしいと。
たしかにそうだ。ちなみに、首相の発言は

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする