おばあちゃんの家

当ブログにしばしば貴重な情報を提供してくださるJINEIさんが、わざわざ標題の韓国映画(DVD)をご持参、貸してくださった。自室で夜ゆっくり鑑賞。

JINEIさん、激賞の映画。CGと押し付け感動、途中飽きさせない為の計算された作為的な刺激がちりばめられたハリウッド映画に洗脳された人には退屈極まりない映画かもしれない。
淡々と進行するストーリー。しかし鑑賞後心温まる気持ちにさせてくれる稀な作品ではないかと思った。

映画の紹介をするときには、「ネタバレ」は厳に慎むべき事なんだそうで、知りたい方はストーリーについては他のサイトで調べていただくとして、お勧めの一本であることは間違いない。

大作ばかりが映画ではないことを、作品そのものを通して主張している、またその主張の正しさを自ら証明しているといっても、褒めすぎにはなるまい。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す