今日の一日

八時半、足羽山西墓地にて、石川県のO家墓地移転のお勤め。その足で石川県までご家族、親戚とも一緒に移動。O家の新しい墓地でお勤め。O家にて報恩講と十七回忌の法要。子供さん達(といっても十代後半から二十代)も法話にきちんと耳を傾けてくれていた。死生観という言葉を知っていますか?と尋ねたら知りませんとの返事。一通りの説明をしたら頷いた。

大阪からT家のご家族四人来寺。こちらの法要のお勤めは前住職に任せてあった。石川県から北陸高速道を使って急いで帰山。T家の墓地のある千福寺第三墓地は移転の方向で考えておりますと事情をお話して、お墓に向かう。
終わって、移転先の現在造成中の墓地へ案内。場所的には気に入られた様子。

T家の皆さんと別れ、法務員のY君とY口家・Y野家の報恩講を勤める。Y口家では夏休み帰省中の長男君を含めご家族皆さん揃ってお勤め。たまたま休日に当たった事もあるが、大学生・高校生・中学生のそれぞれのお子さんが親の言いつけ通りきちんとすわってお正信偈のお勤めをする姿は、いかにして家族というものの絆を切れないように守ってゆくかということの一つの答えではないかと感じた次第。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す