怒涛の一日

こんなにびっしり日程の詰まった日は、今までの人生で数えるくらいしかなかったのではと思えるほど朝から晩までご報謝させてもらった。

8時過ぎから、T家の報恩講。終えて10時からM家葬儀。続いてS家報恩講。携帯に電話があり、I家のお参りが急遽キャンセルになった。おばあ様がちょっと急に体の具合が悪くなりお医者様へ行かれたので日を変更して欲しいと電話があったと、坊守からの携帯連絡。ある意味では助かった(これはホンネである)。
帰山して昼食。1時半からお付き合いのあるK寺様の報恩講法要出勤。本来なら午前と午後に出勤の予定だったのが、M家の葬儀が入り、午後と夜の出勤に変更してもらったのである。K寺様を辞して帰山、3時からM家の納骨法要。皆さんお帰りになられてまもなく、T家の満中陰法要を寺で。T家のご遺族5名様が来寺。法要後急いで早めの夕食を済ませ、K寺様へ向かう。夜の法要出勤。
法要終了後、出勤されていた数カ寺のご住職方に挨拶もそこそこに帰山。待っていてくれた、墓石会社の社員さんお二人と、このたび千福寺と共同事業として取り組んでいる墓苑の今後の方針についての話し合い。気がつけば9時半過ぎている。

正直に告白すると、今日は栄養ドリンクに頼ってしまった。このスケジュールでは夜にはバテテしまうと思ったからである。

こんな日だから、まっいいか。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す