日別アーカイブ: 2007 年 10 月 23 日

やってしまった

今年の台所当番の別所町の門徒サン達が、お斎の仕込みを頑張ってくださっている。昼過ぎ講師のO師が到着。午後2時、いよいよ本年度報恩講の始まりである。
事件はここで起こった。本堂の後堂(うしろどう)に向かう途中のわずか4段の階段。お勤めの本を見ながら階段を下り、踏み外してしまった。大きな音を立てひっくり返った。しばらく立てない。
やっと立ち上がり、足を引きずりながら法要開始を法務員諸氏に伝え、導師を勤める。お勤めの最中、右足首が腫れてくるのが自分でもわかった。
何とか法要を勤め、講師を紹介しお聴聞の席(うちの寺は全席椅子席でよかった)につくも、足袋がパンパンに腫れている。
法話が終わり、様子をみて心配してくださる門徒さんらがすぐお医者に行けと勧めてくださる。坊守を煩わして、O整形外科へ。
ひどい腫れ具合をみて先生も、「これは骨折でなければいいけどな〜」、と。
案じつつもレントゲン撮影の結果は、「骨折はしていませんでした、へたしたら手術しなければならんかもと心配したのですが、よかったです」と。
サポーターでかっちり患部を締める。

夜の会館でのお勤め、法話が終わり、何とか今日の一日を終えた。

追伸  整形のお医者さんで借りた松葉杖、初体験です。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする