総報恩講

総報恩講をソウボンコウと呼ぶ。鯖江市は上河端(かみこうばた)地区の報恩講廻りである。9時から40分刻みでスケジュールが組んである。地区の今年のお寺番さんのご配慮である。ちょっとした行き違いはあったものの、ほぼ予定どうりに廻り終えた。

夜6時、皆さん三々五々道場へ集まってこられ、お精進のおかずでお斎をいただく。今年のお寺番(これをお道場さんと呼び習わす)、IさんとKさんが準備し、またかいがいしくお給仕もして下さる。

7時から、みんなで打ち揃ってお正信偈のお勤めをする。これからが総報恩講の始まり。上河端の皆さんで協力して建てられたこのお道場の中に、お正信偈が響き渡る。調声しながら、この響きがとてもありがたいものであることに胸があつくなった。

その後、休憩を挟んで法話2席。明日のこともあるので、そうそうに引き上げる。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す