日別アーカイブ: 2007 年 10 月 30 日

報恩講出勤

鯖江市S宗様報恩講に出勤。先日の拙寺の報恩講にご住職が出勤してくださったこともあり、愚僧の捻挫のことはご存知。誠に申し訳ないが、余間(内陣の中、左右の畳をひいたスペース)に椅子にて出勤をお許し願った。
ご親族の中、ご子息のほかに衣体をつけた方がおられたのでお聞きすると、御嬢様のご主人、すなわち婿殿が得度されたとのこと。そして坊守様も得度され、出仕されていた。

出勤のあと、法務員のY君と合流して鯖江市内K家の報恩講を勤める。

午後、お逮夜の法要に出勤し、法務員Y君と合流。昨日の上河端の残りのお宅の報恩講を勤める。最後のYさん宅。嫁がれたお嬢さんお二人がお帰りになってお参りくださっている。奥様がお亡くなりになり、のこされたご主人も体調を崩され入院。それでもこうして嫁がれた娘さんお二人が帰って勤めてくださること、まことにありがたく、精一杯の親鸞様と阿弥陀様のご讃嘆をさせていただく。

Y君と別れ、高速道にて福井に取って返し、K家の月忌参り。約束の時間ぎりぎりになったので、途中から電話をいれると、「時間は気にしなくていいですから、事故等に気をつけていらしてくださいね」との温かい言葉。

K家のお勤めを終え、帰山。新しい墓地の事で、H家のご夫妻が来寺。場所等を決めて帰られた。

今日も忙しい一日でした。ふぅー。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする