大阪へ

母校、行信教校の仏教文化研究所の研究発表の日。
http://www.gyousin.com/gyousinbutukyoubunka.html#%88%C4%93%E0

朝からはむりとしても、少しでも早く行こうと思っていたが、そのまえに、喉の調子が悪いので耳鼻咽喉科へ。ところが、注意を要する状態ゆえ、大病院を紹介するから早速予約を取るようにとの指示。

予約をとり、久し振りの法務休みの日ゆえ、捻挫の予後を見てもらうこともあり、整形外科へも回る。

結局、研究発表には間に合わず、梯和上の傘寿のお祝いにのみ駆けつける事となった。大阪は高槻市の京都ホテル。
全国からたくさんの列席者。諸先生方の祝辞も、和上に対する敬意と親しみのこもったありがたいものばかりであった。

親鸞聖人が最晩年になられてもいよいよその思索が深まり、御著述にいそしまれたお姿と和上のそれが見事に重なると思うのは自分ひとりではあるまい。

二次会のお誘いを受けたが、疲労回復の日とするべく、おとなしく真面目にホテルの部屋に早々と引きこもり、就寝。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す