文化の日

昨晩三男が法務手伝いのため帰省。捻挫と声帯異常の父を少しは助けてやろうという。
午前中、自分は坂井市丸岡町板倉地区の報恩講3軒。前住は市内T家の一周忌に。
この地区には本家・分家のこの3軒だけである。毎年、当番を決めて、お勤めが終わった後に当番の家で揃って会食。その席での会話。「今自分達は従兄弟の関係にあり、仲良くこうして付き合っているが、それぞれ子供達の代にも本家を中心にこの付き合いを大切にするように申し送っておこう」と。
そうですね、報恩講をお勤めすることが楽しみになるような、こんなお付き合いは後の代にも是非伝えてくださいませ。

会食を中断して、お見送りくださいました。

帰山して、午後の2軒の報恩講は三男にバトンタッチ。無事に勤め終えて帰ってきたところで、再度バトンタッチして金沢へ向かう。
O家の報恩講とご主人の十三回忌。法話の時、目頭を押さえている二人のお嬢さん。あの時まだ幼かった二人のお嬢さんが立派に育たれてそれぞれ社会人になっておられる。お母様も親族の方も感無量の思いでいらっしゃることだろう。

往復とも法務員Y君の運転。すっかりまかせて、こちらは梯和上の法話をMP3プレーヤで聞かせていただきながらのドライブだった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す