日別アーカイブ: 2008 年 1 月 3 日

三遊亭歌之助

年末にネットで探して購入しておいた、三遊亭歌之助の落語を聞く。といっても鹿児島弁の分かる人でなければこれはさっぱり、チンプンカンプンだろう。
鹿児島県出身。関東で三遊亭一門の真打ち落語家として活躍しているが、鹿児島での落語会では、純粋のカゴッマベンで喋り捲る。
初めて聞いたのは、10年程前、大阪から所用で利用した高速バス鹿児島行きの社内サービス放送。その後テープを人から頂いて聞いていたが、ネットで探したらちゃんと発売されていた。

方言の持つ意味を考えた。どの方言でも必ずある筈なのだが、この言葉でしか表現できない(他の言葉に置き換えられる事をそのもの自身が拒否している)言い回し、表現というものがある。

言葉について考えていたら、いろんな考えが沸き起こってくるのだが、如何せんそれを言葉化しようとしたら時間がいくらあっても足りそうにない。

ただ言える事は、言葉が痩せたら人間の品格も痩せるということは間違いあるまい。
あるところで、「あさましい」という言葉が使われなくなったと言ったら、「あさましい」ってどんな意味なんですか?と問われた事がある。
「あさましい」という言葉を知らない人には「あさましい行為」もないんだろうな。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする