日別アーカイブ: 2008 年 1 月 4 日

初法務

9時より、春江町S家の報恩講を勤める。続いておわたまし法要。お仏壇をお洗濯に出される由。
世間では俗に(私にいわせれば安易に)「おしょう入れ」「おしょう抜き」と言い習わされている。便利といえば便利なのだろうが、何か霊魂のごときものが出たり入ったりするかのような、また読経とはそのためのものであるかのごとき誤解を生じ易い(いや殆どの人がそうした誤解をしているのが現状だろう)ので、自分はそして真宗では使わないことを可能な限りその場でお話している。

お墓の場合、建碑式・建碑法要。お仏壇をお洗濯に出すとか移動するばあいはおわたまし法要。
※わたまし【移徙・渡座】とは、1)貴人の転居を敬っていう語。

あるいは遷仏(せんぷつ)法要ともいう。いずれにせよ、仏様に対してのけじめとしての奉告の法要である。

ところで朝、長男と次男が、関西に帰っていった。夜、残った三男とワインで晩酌。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする