正信偈講座反省会

十時よりI家葬儀。終わってその足で東部メモリアルパークにて、昨日のN家の墓地移転法要。親戚のN家も一緒に移転され、しかも昨日の法事に京都から着ておられたので好都合というわけである。風は冷たかったが眺めのいい新しい墓地でのお勤めは心地よかった。

午後I家納骨法要。毎年東京でお参りに寄せていただきお世話になっている親戚のI様もお寺までお参りになられた。新築中の家に入れてあげられなかったので、せめて工務店をいそがせて、満中陰の法要は自宅でしたいと仰る。

皆さんをお送りし急いで着替えて田原町駅から電車に乗り鯖江へ向かう。西鯖江駅、すなわち鯖江本山・誠照寺様のお膝元のお店で今年の正信偈講座にかかわられたスタッフの皆様の反省会を兼ねた打ち上げに呼んでいただいたのである。
宗務長(わが派でいうなら総長)のご挨拶に続いて一言お礼の言葉を述べさせていただく。長い誠照寺派の歴史の中で、本山が直接こうした門徒さん対象の連続の講座を開設したのは初めてだったのだそうだ。宗務長就任要請を受ける条件として、新しい発想のもと行動力があり、聞法に熱心な若手の総務を入局させることを宗会に認めさせて、取り組んだのがこの講座ゆえ心配もしましたと正直に仰る。そして既に次期の講座「阿弥陀経を読む」も3月に始まる。
誠照寺派の新しい息吹を感じさせていただいた宗務長様の挨拶だった。

肩の荷を下ろし、今晩はゆっくりご馳走とお酒を頂戴した。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す