至福のとき

午前中、お説教と蕎麦会のポスター創り。模造紙を買ってきて、四半分にカット。A2サイズまで印刷できるプリンターを持っているので、(十数年も前の型、今でも現役)こいつの出番。
出来上がったのがこのホームページのオープニング画面のそれ。(素材は勿論、自作・・・・ではありません)

午後、予約の歯医者。虫歯の可能性大といわれていたが、診察の結果そうではなさそう(かぶせ物がある)ということで、治療費も時間も大幅に浮いた。
気分よく、本当に久し振りに、とあるジャズ喫茶に車を向ける。マスターの性格を反映したような、静かで落ち着いた店の雰囲気。そしてオーソドックスなレコードがかかっている。マスターがジャズボーカルがことにお好きなようだ。
うちの寺の「お説教とジャズ」にもチラシ・ポスターのご協力もいただいて来た。
書棚から、平岡正明氏のジャズ喫茶めぐりの本を取り出して、豆から轢いていれた美味しいコーヒーを飲みながらページをめくる。懐かしい平岡氏の特徴のある文体に触れ、学生時代、ジャズ喫茶でコーヒー一杯で何時間も過ごした日々を思い出していた。こんな時間を今持てることが何と贅沢な事か。時間に追われるように日々を過ごしがちな自分にとって至福の時である。こんな時間をもっと持とう、と思う。

お店の名前はMOON RIVER

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す